top of page
  • 執筆者の写真Sotaro Fujii

新事業に挑戦する会社!



津森行政社労士事務所

 津森行政書士事務所は働き方改革に対応し、多様な働き方や雇用にこだわらない働き方を受け入れ持続可能な経営を目指す企業の労務環境を整備することをサポートしています。

 日本人は「働く」ことを通して活躍し、幸せになれる。それは人に褒められ、必要とされ、人の役に立つことであると聞いたことがあります。ただ生活するためだけに「働く」人生ではなく、全ての人がどんな立場や境遇であっても活躍できる選択肢があり、幸せになれる。自ら選んで「働く→活躍する→幸せになる」人生を過ごせるよう、企業も個人も共に成長し発展する、そんな組織を「次世代組織」と考えます。当事務所は次世代型組織づくりをサポートできる事務所を目指し続けます。

次世代組織づくりのご提案

 次世代型組織とは、これまで「通常」、「当たり前」と言われてきた働き方に「こだわらない」働き方を雇用する会社組織です。

次世代型組織づくりでは、会社や部署の目的だけでなく、個人の存在意義・生きがいを共有し合える仕組みが大切です。

 当事務所は中小企業の”働き方改革推進支援”に関して、都市一極集中の見直しが進展することを想定し、テレワークをはじめとする新たな働き方の方向性を提示すべく、施策の企画立案を進める中小企業への支援パッケージ商品の開発し、WEBサイトを通じてサービス提供をはかりました。

津森行政社労士事務所

特定社会保険労務士・行政書士 津森 俊彦

正しいことを相手が行動に移したいと思えるように伝える。コンプライアンスも組織づくりも、何のため、誰のためにするのかを常に相手にも自分にも問いかけながら、共感できれば相手は自ら動いていただけると信じたいです。

(「法律だから」は共感しないように努めたいです)

 顧問社労士は顧問先様にとって強力な法的担保を有する社外人事部長とも言えますが、私は伴走型アドバイザーとしての側面も大切にしたいです。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page